洗濯機

洗濯機の中にもカビが潜んでいる?対策を紹介

Pocket

私たちの生活に欠かせない洗濯機。毎日回す人もいれば週に何回か回す人など、使用頻度や量は様々だと思います。

衣類をキレイにしているのだから、洗濯機だって当然綺麗になるはずでしょう?と思われるかもしれませんが、実は洗濯機の内部はとんでもないことになっているかもしれません。

今回は「洗濯機の中にもカビが潜んでいる?対策を紹介」についてまとめてみました。

見えないところに大量のカビ?実はこんなに汚れている洗濯機

ワカメが出たら注意!

せっかく衣類を洗っていても洗濯機の内部がカビだらけでは、衣類にカビを蔓延させているようなものです。

また洗濯機のカビは匂いも発生させてしまうので、せっかく香りのよい柔軟剤を使用したとしても台無しになってしまいます。

もしも洗った洗濯物に黒いべっとりしたワカメのようなものがついていたら、その洗濯機の見えない部分にはカビが大繁殖していると思って間違いありません。

どうして洗濯槽にカビが生えるの?

洗濯槽の裏側は溶け残った洗剤や石鹸カス、また泥や垢などがこびりつきやすい上に湿気も帯びているため、カビが大繁殖するには都合のよい環境なのです。

そのような洗濯機で洗った衣類は、カビを部屋中にまき散らし、体にも悪影響を及ぼすことがあります。

洗濯機のカビ取り方法

洗濯機のカビ取り

なるべくなら週に1度、最低でも月に1度は洗濯槽を掃除するようにしましょう。

市販の洗濯槽用洗剤を使用するのが一番手っ取り早い方法ですが漂白剤を使っても汚れを落とすことができます。

洗濯槽の裏側にこびりついた汚れが浮かんでくるので、汚れが取れたことを実感しやすいかもしれません。

洗濯機掃除の手順

洗濯機の掃除の方法です。

  1. 使い古しの歯ブラシや雑巾などを使って洗濯機の蓋の内側、内蓋、洗剤投入口、ゴミとりネット、乾燥フィルター、排水フィルターなどを掃除します。外せるパーツは全て外して洗うようにしましょう。
  2. 洗濯機内に水(できれば60℃くらいのお湯)をため、漂白剤を入れて3分ほど洗濯機を回し、2〜3時間つけ置きします。市販の洗濯槽用洗剤を使用するのであれば用法に従います。
  3. 通常運転をし、その後も汚れが浮いてくるようであれば何度か通常運転を繰り返します。

日頃から気をつけたいポイント

容量を守る

洗濯物の汚れを効率よく落としたいから洗剤を多めに入れたり、香りを十分につけたいから柔軟剤を多めに入れたりしてしまうこともあるかもしれませんが、あまりおススメできません。

何故なら洗濯洗剤の溶け残りやこぼれた柔軟剤などがカビの栄養となってしまうかもしれないからです。洗濯時に使用する洗剤は容量を守って使用するようにしましょう。

またゴミとりネットにゴミを放置したままでいるとゴミが湿気をおびている上、そこにたまったゴミを栄養にしてカビが生えやすくなります。ゴミとりネットのゴミは洗濯が終わるたびに捨てるようにしましょう。

乾燥状態を保つ

カビが繁殖しやすい原因となる湿気を失くすために、日頃から除湿を心掛けるようにしましょう。

例えばお使いの洗濯機に槽乾燥という機能がある場合、洗濯機使用後にその機能を使うことである程度のカビを予防することができます。

また汚れた洗濯物をついつい洗濯機の中に入れてしまう…という習慣がある人は、洗濯カゴに入れるようにしましょう。脱いだ衣類の湿気により、洗濯機内の湿度が上がってしまうのを防ぐことができます。

まとめ

洗濯機のカビについてまとめてみました。

せっかく衣類をキレイにするために洗っているのに、実は汚していた…なんてわかったらショックですよね。毎日気持ちよく衣類に袖を通すことができるよう、洗濯機の掃除をしてカビ予防をしましょう。

こちらの記事もどうぞ → こんなに取れる!?優れたカビ取りグッズを紹介