優れたグッズ

こんなに取れる!?優れたカビ取りグッズを紹介

Pocket

できれば毎日掃除をしてカビを生やさないようにしたいものですが、それでもうっかり掃除し忘れてしまったり、掃除をサボりたくなってしまったりすることもあると思います。

そんなとき、ラクチンをしてカビを除去することができるグッズがあったら便利ですよね!

今回は「こんなに取れる!?優れたカビ取りグッズを紹介」についてまとめてみました。

お風呂場のカビ取り便利グッズ

生えてしまったカビには

市販のカビ取りスプレーでも取れなかったカビが取れるカビ取り剤がカビホワイト強力スプレーです。

カビの胞子だけでなく菌糸まで分解することができ、一般の防カビ剤では処理されない塩素耐性菌までも処理することが可能です。

使い方はとても簡単で、カビの生えた場所にスプレーし、15分後に拭き取るだけです。カビ取り剤なので匂いがきついというデメリットはありますが、乾燥すれば人畜無害になり、公的機関にてその安全性は確認済みなので安心です。

またゴムパッキンやタイル目地などのカビにはカビホワイトカビ除去ジェルが塗布しやすくオススメです。

カビを予防する

一度生えてしまったカビを根絶するのは大変です。ですからカビが生える前にカビ菌を退治することが、一番楽なカビとの闘い方とも言えます。

ルックお風呂の防カビ燻煙剤は、目に見えない黒カビの原因菌を銀イオン(Ag)の煙で除菌してカビの発生を防ぐグッズです。使い方はとても簡単。容器の線まで水を入れ、浴室の中央に置き、缶をセットすれば約30秒後に煙が出ます。

浴室の扉を閉めた状態で90分以上放置し、その後30分ほど換気をすれば完了です。

あらかじめお風呂の小物をどかしたり浴室を拭いたりする必要もなく、また終わった後も薬剤を洗い流す必要がないのでとても楽ですね。

掃除のしづらい換気扇の中やおもちゃ、手が届きにくい天井も直接触れることなく除菌できるのも嬉しいポイントです。1〜2か月ごとの使用で済むというのも、お掃除の苦手なずぼらさんにはとてもおススメです。

布団のカビ取り便利グッズ

生えてしまったカビには

一度生えてしまった布団のカビを除去するには衣料用塩素系漂白剤をオススメします。

水で濡らした雑巾に衣料用塩素系漂白剤を適量含ませ、黒カビを拭けば布団のカビをかなり取り除くことができます。ただし色柄物には使用できないので注意しましょう。

カビを予防する

毎日寝ている間にコップ一杯分(200cc)の汗をかくと言われています。この汗による湿気が原因でカビが生えてしまうため、カビの生えにくい布団を使用してみるというのも一つの手です。

たっぷり除湿敷布団(シリカゲルシート入り)は中材にシリカゲルシートを使用しており、除湿効果は抜群です。季節によって使い分けるリバーシブル仕様になっているのも嬉しいポイントです。

洗濯機のカビ取りグッズ

生えてしまったカビには

洗濯機は常に湿気を帯びている状態なので、カビ対策は欠かせません。洗濯槽の内側はきれいでも、洗濯槽の裏側にびっしりとカビが付着しているなんていうことも珍しくありません。

そんな一度生えてしまったカビに効果があるのが、アリエール洗濯槽クリーナーサイエンスプラスです。

製品を洗濯機に入れ、高水位に水量を合わせたら標準コースで洗濯槽を洗浄するだけなのでとても簡単にお手入れすることができます。

普段からカビのお手入れ

できればカビが生える前に、毎日お手入れができたらいいのに…そんな人にオススメなのが、洗濯機用バイオアイボールです。

同封のネットにボールを入れて洗濯物と一緒に洗うだけなので、全くの手間いらずです。洗濯後の着衣の発汗臭、体臭などを防止してくれる上、室内干しの場合も部屋に臭気を発散しないのが嬉しいですね。

洗濯物と洗濯槽を一緒にキレイにできるなんてまさに一石二鳥です。

まとめ

カビ取りグッズについてまとめてみました。

生えてしまった後のカビ取りグッズも頼もしいですが、カビを予防してくれるグッズも心強いですね。
カビ対策には便利なグッズを使って時短していきましょう。

こちらの記事もどうぞ → なんだか臭い…をなくすために!エアコンのカビ対策を紹介